企業情報

代表挨拶・企業理念

代表挨拶

膜材料で未来を創る

建築材料には、その普遍性からコンクリートや鉄骨といった硬い材料が利用されてきました。大きな被害をもたらした阪神・淡路大震災と東日本大震災を経験した日本では、建築材料に、新たなニーズが加わりました。それは、地震に強く丈夫な材料、すなわち軽量で安全な材料です。

昭和に築かれたインフラが老朽化してきた現在、地震に強く安全なインフラ整備が求められています。

平岡織染は、繊維基材と高分子材料を組み合わせることで、パビリオンやサーカステントなど、軽量で丈夫な材料を提供してきました。ただ唯一の課題は、建築材料の要である耐久性でした。当社は100年以上にわたる開発実績でこの課題を克服し、膜材料という新たな建築材料を生み出しました。

今まで積み重ねてきた実績と技術で、こうした社会のニーズに応えられる製品をこれからも世の中に送りだしていきたいと考えています。

代表取締役社長 平岡利文

企業理念

  • 産業資材面を中心に、幅広い分野にわたるメーカーとして低コストで、高品質な製品を供給する。
  • 未来へ積極果敢に挑戦する新しい技術を駆使して、新製品を開発する。
  • 世界的水準の技術力を有する産業資材メーカーとして、国際経済の発展に寄与する。
  • 人間尊重の思想に基づき、魅力ある職場をつくる。