技術情報

繊維基材

基材素材

天然繊維 植物繊維 綿、絹、セルロースなど  
化学繊維 合成高分子繊維 ポリエステル繊維
(フィラメント糸・スパン糸)
産業資材全般で汎用的に使用されている繊維
ナイロン繊維
(フィラメント糸)
高強力なので以前はテントなどに使用されていたが、ポリエステルに比べ湿度による若干の寸法変化がある。
ビニロン繊維
(フィラメント糸、スパン糸)
ナイロン同様高強力。ただし、ポリエステルに比べ湿度による若干の寸法変化がある。
ポリプロピレン繊維 吸湿が全くない繊維。断熱性良好。但し難燃性を出すのが難しい。
高強力繊維
(パラ系アラミド繊維、メタ系アラミド繊維、芳香族ポリエステル繊維など)
 
生分解繊維  
無機繊維 ガラス繊維 不燃材料として商品化されている
シリカ繊維 耐火性を必要とする用途に使用される。
炭素繊維  

繊度

テックス(tex) フィラメント(長繊維)の糸の太さを表す単位。フィラメント1,000m当たりのグラム数で表す。慣例で使用されていたデニールにあわせるために、テックスの10分の1の単位であるデシテックス(dtex)が使用されることが多い。
番手 スパン(短繊維)を紡績した糸の太さを表す単位。一定の重量に対して、長さがどのくらいあるのかで表す。従って、番手が大きくなるほど、糸の太さは細くなっていく。
デニール(d) フィラメント(長繊維)の糸の太さを表す単位。フィラメント9,000m当たりのグラム数で表す。慣例的に使用されてきた単位で、現在は、テックスを使用する事になっている。

基材形状

織物 平織り、綾織りなど織り組織は色々あるが、産業資材では平織りが主流
編物 産業資材では、ラッセル編みが商品化されている。
不織布 織物、編み物に比べ強度が弱く、変形が大きいので帆布やターポリンなどには適さない。