製品情報

テント倉庫建築物の屋根・外壁の選び方

平成14年国土交通省告示667号で定められた基準をクリアしたもので、国土交通大臣の認定を受けたものが使用されます。防火上設定された地域(防火地域、準防火地域、22条区域)、保管物(不燃物品、可燃物品)、使用される場所(屋根、延焼のおそれがある部分など)によって使用できる膜材が異なってきます。膜材の選定・検討をされる場合は、専門家・行政等への確認を必ず行って下さい。

平成14年国土交通省告示第667号 (延べ面積1,000m2以内・軒高5m以内)

  保管物 延べ床面積 該当製品:屋根 該当製品:外壁
防火地域 不燃物品 延焼の恐れのある部分以外 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
エバーマックス®450シリーズ(注1)
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
延焼の恐れがある部分 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
可燃物品 延焼の恐れのある部分以外 100m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
準防火地域 不燃物品 延焼の恐れのある部分以外 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
エバーマックス®450シリーズ(注1)
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
延焼の恐れがある部分 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
可燃物品 延焼の恐れのある部分以外 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
延焼の恐れのある部分以外 500m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ウルトラマックス®
ウルトラマックス®ジュニア
エバーマックス®450シリーズ
UM-200
22条区域 不燃物品 延焼の恐れのある部分以外 1,000m2以下 ウルトラマックス® (注1)
ウルトラマックス®ジュニア (注1)
エバーマックス®450シリーズ(注1)
UM-200 (注1)
ウルトラマックス®
ウルトラマックス®ジュニア
エバーマックス®450シリーズ
UM-200
延焼の恐れがある部分 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
可燃物品 延焼の恐れのある部分以外 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
KS2500(ガラス内膜)(注9)+ウルトラマックス®、
ウルトラマックス®ジュニア、
UM-200
ウルトラマックス®
ウルトラマックス®ジュニア
エバーマックス®450シリーズ
UM-200

→防火地域、準防火地域、22条区域の区分けについて

平成14年国土交通省告示第666号(延べ面積1,000m2超・軒高5m超(告示667号適用範囲外のテント倉庫))

  保管物 延べ床面積 該当製品:屋根 該当製品:外壁
防火地域 不燃物品 簡易な構造の建築物 延焼の恐れのある部分以外
(注2)
3,000m2以内 エバーマックス®450シリーズ
UM-200
ウルトラマックス®タイプC
サンドリーム®シリーズ
エバーマックス®450シリーズ
UM-200
ウルトラマックス®タイプC
サンドリーム®シリーズ
延焼の恐れが ある部分(注2) 3,000m2以内 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
可燃物品 簡易な構造の建築物以外 延焼の恐れのある部分以外 100m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
準防火地域 不燃物品 簡易な構造の建築物 延焼の恐れのある部分以外
(注2)
3,000m2以内 エバーマックス®450シリーズ
UM-200
ウルトラマックス®タイプC
サンドリーム®シリーズ
エバーマックス®450シリーズ
UM-200
ウルトラマックス®タイプC
サンドリーム®シリーズ
延焼の恐れが ある部分(注2) 3,000m2以内 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
可燃物品 簡易な構造の建築物以外 延焼の恐れのある部分以外 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
延焼の恐れのある部分以外 500m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
エバーマックス®450シリーズ
UM-200
ウルトラマックス®タイプC
サンドリーム®シリーズ
22条区域 不燃物品 簡易な構造の建築物 延焼の恐れのある部分以外
(注2)
3,000m2以内 エバーマックス®450シリーズ
UM-200
ウルトラマックス®タイプC
サンドリーム®シリーズ
エバーマックス®450シリーズ UM-200
ウルトラマックス®タイプC サンドリーム®シリーズ
延焼の恐れが ある部分(注2) 3,000m2以内 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
簡易な構造の建築物以外 延焼の恐れのある部分以外 1,000m2以下 エバーマックス®450シリーズ(注1)
UM-200(注1)
ウルトラマックス®タイプC (注1)
サンドリーム®シリーズ(注1)
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
可燃物品 簡易な構造の建築物以外 延焼の恐れのある部分以外 1,500m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
延焼の恐れのある部分以外 1,000m2以下 ターポロン®G-3500
ターポロン®G-3000S
KS2500(ガラス内膜)(注9)+ウルトラマックス®タイプC
UM-200
エバーマックス®450シリーズ
UM-200
ウルトラマックス®タイプC
サンドリーム®シリーズ

→防火地域、準防火地域、22条区域の区分けについて

(注1)
屋根以外の主要構造部が準不燃材料を使用した場合(参照法令等 令109条の5 令136条の2の2)、又は平12建告1434号に基づいた用途により使用可。(参照法令等 令109条の5一号(用途限定))
(注2)
簡易な構造の建築物(参照法令等 法84条の2 令136条の9 令136条の10)
(注3)
構造不燃準耐火建築物(参照法令等 令109条の3二号 法61条 法63条平12建告1365号)
(注4)
構造不燃準耐火建築物(参照法令等 令109条の3二号 法62条 法63条平12建告1365号)
(注5)
参照法令等 法62条 法63条 平12建告1365号
(注6)
参照法令等 令109条5一号(用途限定) 平12建告1434号
(注7)
構造不燃準耐火建築物(参照法令等 令109条の3二号 令109条の5一号二号 平12建告1361号)
(注8)
参照法令等 令109条の5一号二号
(注9)
KS2500(ガラス内膜)はウルトラマックスス®タイプC、またはUM-200とセットでご利用いただく製品となっております。詳細につきましては、「製品に関するお問合せ」よりお問合せください。

平12建告1434号

  • 一 スケート場、水泳場、スポーツの練習場その他これらに類する運動施設
  • 二 不燃性の物品を取り扱う荷捌き場その他これと同等以上に火災の発生のおそれの少ない用途
  • 三 畜舎、堆(たい)肥舎並びに水産物の増殖場及び養殖場

令136条の9

  • ロ スケート場、水泳場、スポーツの練習場その他これらに類する運動施設
  • ハ 不燃性の物品の保管その他これと同等以上に火災の発生のおそれの少ない用途に供するもの
  • ニ 畜舎、堆肥舎並びに水産物の増殖場及び養殖場