Fireproof

技術情報

防炎

石油製品が持っている燃えやすいという性質を改良し、燃えにくくすることをいいます。当社独自の配合技術で自己消火性を付与しています。
消防法で義務づけられている防炎性能を持ち、その使用が求められる「防炎物品」と防炎認定委員会が認定している「防炎製品」とがあります。

防炎と難燃の違いは

イメージ的には、防炎製品は火が燃え広がらない製品です。難燃材料は、建築基準法で定められた技術基準をクリアーしたものです。

防炎は、消防法を基準としています。消防法でデパートや劇場、展示会場など人が多く集まる場所では、防炎物品の使用が義務づけられています。また、防炎製品は、第三者機関である防炎製品認定委員会が認定した製品です。防炎製品は規制対象外ですが、消防署の行政指導などでその使用を要請されることがあります。

難燃材料は、建築基準法で定められた材料で、平成12年の建築基準法改正前後で、その意味は大きく異なっています。現在は、加熱開始時間後5分間で、
1.延焼しないこと
2.防火上有害な変形、溶融、亀裂その他損傷を生じないこと
3.避難上有害な煙又はガスを発生しないこと
を満たさなければなりません。

防炎について更に詳しく知りたい方は、(公財)日本防炎協会のホームページをご覧下さい。

防炎性能試験と評価基準

製品名 テント類・シート類・幕類
試験法 45°ミクロ(メッケル)バーナー法
試験体 タテ35㎝×ヨコ25㎝
洗濯方法 温水浸漬 50±2℃×30分
資料調整 50℃±2℃恒温乾燥機器中24時間又は105℃±2℃×1時間放置後、シリカゲル入りデシケーター中2時間放置
燃焼方法   製品質量450g/㎡以下 製品質量450g/㎡を越えるもの
火源 ミクロバーナー(45㎜) メッケルバーナー(65㎜)
加熱時間 1分 2分
  着炎後3秒 着炎後6秒
略図
評価基準 残炎時間 3秒以下 5秒以下
残じん時間 5秒以下 20秒以下
炭化面積 30c㎡以下 40c㎡以下

主な製品

ウルトラマックス®
ウルトラマックス®タイプC
シェディスクリーン®3000AT